#自民党2019

新時代の幕開け

政治がもっと生活の一部として親しまれる。

世界中の人と仲良くなりたい。もっと自由にして欲しい。

壁なんていらない。いろんな人とダンスをシェアする。

自分の技、スタイルを生み出したい。

伝統を超えたい。古い価値観もアップデートしていく。

自分一人の力ではどうしようもないくらい大きなことをやってみたい。

年齢なんて関係ない。自分らしくいたい。未来を創りたい。

政治がもっと生活の一部として親しまれる。

FILM / DIRECTED BY SOLO新時代

10代。彼らは新しい時代そのもの。
わたしたちは、聞きました。彼らの語る未来を。

FILM / MAKINGBEHIND THE SCENES

SOLO : 今回のFILM制作を担当した監督4人と脚本家1人からなるチーム。
映画、ドラマ、CMとそれぞれのフィールドでの経験を生かし、
あらゆる映像ジャンルの企画からディレクションまでをこなす。
選挙権を持たない未成年の若者にも、政治に興味を持ってもらえたらという思いで今回のプロジェクトに参加。

FILM / STILL PHOTOSMAKING PHOTO

画像クリックでご覧頂けます

16歳 / アーティストYOSHI

「壁なんていらない」

音楽、ファッション、アート全てにおいて高い感性を備えるアーティスト。独自のファッションセンスとキャラクターは日本のみならず海外の著名なファッションデザイナー達にも賞賛される。2019年秋にはYOSHI初主演映画「タロウのバカ」も公開予定。今後、彼の活躍は日本のみならず世界に広まって行くことだろう。

14歳 / けん玉プレーヤーMissu

「自分のスタイルでいたい」

カナダの大手けん玉チーム「Terra Kendama」所属のプロけん玉プレーヤーであり、日本を代表するTopプレーヤー。2018年の世界けん玉フリースタイル大会「Catch and Flow 2018」では、女性プレーヤー初となる3位入賞を果たす。静止技を得意とし、技の難易度や正確性は、世界のトッププレーヤーからも一目置かれ、圧倒的な存在感を放つ。

17歳 / 落語家桂 枝之進

「伝統を超えたい」

5歳から落語を聴き始め、9歳からアマチュアで落語を演り始める。2017年1月中学在学中に六代文枝一門三代目桂枝三郎に入門。「桂枝之進」2017年12月天満天神繁昌亭「枝三郎六百席」にて初舞台。「軽業」現在、関西の寄席やメディアを中心に活動中。

15歳 / ダンサーMiYU

「ずっと本気でいたい」

キッズ時代から切れ味鋭いダンススキルを武器に一目置かれる存在となり、これまで出場したダンスバトル大会において、数多くの優勝経験をもつ。2016年にフランスで開催された世界中のストリートダンサーが注目する「Juste Debout Junior Tour」では、圧倒的な強さで優勝。日本を代表する世界基準のストリートダンサーである。

13歳 / BMXライダー溝垣 丈司

「理由なんてない」

6歳でBMXを始め、わずか9歳で大技バックフリップを成功、数多くの大会で優勝を飾り続ける日本の希望の星。大会で見せるトリック、エアーの高さは世界レベルで観客を魅了する。2018年には世界大会FISEで、広島、中国と、ジュニアクラスで優勝し、現ジュニア世界チャンピオン。

FILM / CREDITSTAFF CREDIT

出演者

  • YOSHI - アーティスト
  • MiYU - ダンサー
  • 溝垣 丈司 - BMXライダー
  • 桂 枝之進 - 落語家
  • Missu - けん玉プレーヤー
  • 安倍晋三 - 自由民主党総裁

スタッフ

  • クリエイティブディレクター : 日髙 良太郎(STARBASE®)
  • プロダクション:Creative Hub Swimmy
  • プロデューサー:本間 綾一郎(HATCH)
  • プロダクションマネージャー:増野 雄亮(Creative Hub Swimmy)
  • 企画:solo
  • 監督:高瀬 裕介
  • アシスタントディレクター:前川 達哉(Creative Hub Swimmy)
  • 撮影:越後 祐太
  • 照明:上野 甲子朗
  • 衣装:酒井 タケル
  • ヘアメイク:nori
  • キャスティング:海江田 順子(JUNGLE)
  • キャスティングサポート:三浦 梓(TORCH)
  • オンライン:佐々木 賢一
  • グレーディング:Ben Conkey
  • 録音:新井 俊平 / 小林 丈泰
  • 音効 / MA:綾城 重理人
  • 音楽:Matt Cab

ART / PAINTED BY YOSHITAKA AMANO新時代の幕開け

天野喜孝 作
世界的な画家、天野喜孝氏が「新時代の幕開け」をテーマに、未来を切り拓く7人のサムライを描きました。

第二十一代・第二十五代 自由民主党総裁

安倍 晋三

画家天野 喜孝

「世界とアートは繋がっている」

「タイムボカンシリーズ」「科学忍者隊ガッチャマン」など数多くのキャラクターデザインに関わり「ファイナルファンタジー」シリーズのイメージイラストで天野の名を世界的なものとしている。その繊細で妖艶・幻想的な絵柄は日本に留まらず、世界で熱狂的な人気を博した。ファインアートの世界に活動の中心を移し、数々の賞を受賞するなど、芸術家として高い評価を得ている。

ART / INTERVIEW天野 喜孝 インタビュー自分だけの、人に侵されない目標があれば
強いのかなと思います。

Q1. 自己紹介をお願いします。

こんにちは、絵描きの天野喜孝です。

Q2. 今回オファー聞いた時の率直な感想はいかがでしたか?アーティストと政治、どのような相互関係が理想的だとお考えでしょうか。

オファーを聞いたときは、いやビックリしましたよね、今までそういう仕事をしたことがなかったので。ただ、実際にこうやって仕事をしてみるとやはり政治とアートは繋がっているのかなと、客観的ではなく、素朴に思いました。過去を振り返りますとやっぱりルネッサンスもそうですし、ベラスケスの時は国王そして宮廷画家がいてという。印象派ぐらいから自由に絵が描けるようになってきましたし、今ももちろんそうなんですけど、世の中とはかなり繋がりがあると思います。

Q3. 「新時代の幕開け」というキーワードを聞いて、どのようなインスピレーションを得られたでしょうか。

平成から令和、新しい元号になるのでちょっとそれに一個人として興味がありました。僕自身は変わらないんですけど、(世の中にとって)何かきっかけになるのかなと。そういう意識をしなくても、(世の中は)多分そういう風に受け取るんだろうなというのはありますね。

Q4. 天野先生の代名詞の一つとして「ファンタジー」「冒険」があるかと思っています。新時代の自由民主党の政治には、どのような「ファンタジー」「冒険」が必要になるとお考えでしょうか。

やっぱり世の中っていうのは、「当たり前というのが貴重」なのかなと思いますね。なぜかと言いますと例えば、一歩外に出れば道路があって、何かあれば警察が守ってくれるし、火事になれば消防自動車が来てくれる。そういった事が結構、国民にとって当たり前になっちゃってるのだけれど、それらは僕個人的には凄くありがたいと思うのです。僕が国民という言い方をするのもあれなんですけど、国民の為にやって下されば凄く嬉しいなと思います。

Q5. 天野先生の作品のように、これからはより時代、文化、言語を越えたボーダレス化が進んでいくと思っています。そのような時代を担っていく新世代へメッセージいただけますでしょうか?

とにかく時間はどんどん過ぎていく、1日1日やるべきことをやるしかない。じっくり自分で考えた理想を、自分の夢を、周りにそして自分にも惑わされないでコツコツやっていけば、結果は勝手についてくる。そして、それが正しい道であれば、周りもついてきてくれると思いますね。時々サボってもいい。僕自身もそうだけれど、純粋にやりたいことを思って忘れずにやって行けば、どれだけ迷っても、嫌なことがあって落ち込んでも頑張れる。

Q6. アーティストが果たすべき役割のようなものがあるとしたら、何になるとお考えでしょうか。天野先生と自由民主党、正直意外な組み合わせな気がしました。どうして今回のオファーを受けられたのでしょうか。墨で書いて欲しいオファーもあったのですか?

和の感じというか、墨で絵を描くという仕事をしたことがあまりなかったのでもの凄く面白いなと思いました。作品自体が世の中に出るのは初めてかもしれない。今回の作品でこだわったことはライブ感、墨は書き直しがききませんから。僕にとって新しいことにチャレンジするということに関してはとっても大事なことだし、繰り返しになっちゃうと段々と相手に情熱が伝わらなくなるんですよね。絵の場合は特に、一枚目の方が勢いがあるんです。二枚目の方が完成度は高いかもしれないけど、迷ったりして、戸惑いとかが全部出てしまう。慣れたいんですけど、そうでない方が感情とか伝わるものが出ると言うか。慣れちゃうと、意外と伝わらないのかなと思いますね。

Q7. 天野先生ご自身アーティストとしてこれからどのような未来をつくっていきたいとお考えでしょうか。

ただ単に、自分が満足するだけでなくて世の中というか日本そして世界へ発信していけるような作品を描きたいなと思います。それは、(今までやってきた)紙ではなくて、例えば壁画とか天井画。自分一人の力だけではどうしようもない大きな作品をやってみたいのです。僕個人としては、今までやってきたものを総合する、そろそろそういう時期なのかなということですかね。

ART / POSTERSILK SCREENING POSTER

天野喜孝氏が描いた7人のサムライをシルクスクリーンポスターで表現。
ナンバリング入りの限定250枚。

VISUAL / INSTAGRAM#自民党2019オフィシャル・インタスタグラム

自民党の歴史と挑戦をインスタグラムで紹介しています。

VISUAL / Re.DESIGNEDMERCHANDISE

#自民党2019プロジェクトが自民党アイテムをリデザイン。
応援グッズとして展開されます。

VOICE / TWITTER#自民党2019ハッシュタグ・キャンペーン

twitterあなたが考える"新時代"とは?

「#自民党2019」ハッシュタグを付けて投稿してください。

わたしたち自民党は、 国民のみなさんと一緒に新しい時代をつくっていきたい。
みなさんの声にもっと耳を傾け、 今まで以上に直接的な対話をしていきます。
それが「#自民党2019」プロジェクトです。
政治というものが、 音楽やアート、ファッション、エンターテインメントなどと同じように、
暮らしの一部として親しまれ、 この国を豊かにしていく。
まずは、あなたの声を聞かせてください。

PROJECT / プロジェクト新しい政治の始まり

未来をつくりたい

自民党

  • TEL:080-7243-6155
  • Mail:contact@jimin2019.com
Copyright ©「#自民党2019」プロジェクト事務局. All rights reserved.

PRIVACY POLICY / 利 用 規 約プライバシーポリシー / ホームページのご利用にあたって

自由民主党本部ではホームページやメールマガジン(News Packet)などにおいて、ご意見の投稿やアンケート調査、機関紙誌・メールマガジンの購読申込のほか、さまざまな企画への参加募集を行っています。これらのサービス提供の円滑な運営に必要な範囲で、ホームページ利用者の情報を収集しています。

1.個人情報とは
個人情報とは、以下の情報により特定の個人を識別できるものをいいます。

  • 氏名、年齢、性別、住所、電話番号、職業、メールアドレス
  • 個人別に付与されたID、パスワード、その他の記号など
  • その情報のみでは特定の個人を識別できないものの、他の情報と容易に照合することができ、これにより特定の個人を識別できるもの

2.収集、使用目的
利用者の個人情報を無断で収集することはありません。個人情報を収集する際には、利用者の意志による情報の提供を原則としています。 利用者から提供された個人情報は、次の目的の範囲内で使用します。

  • 自由民主党の政治活動への反映
  • 自由民主党からの各種お知らせ
  • 利用者から請求された資料の提供
  • 利用者から寄せられた意見や質問などに対する回答
  • 利用者へのプレゼント当選通知および賞品の発送
  • 利用者の特性を把握するため、アンケートなどのデータ作成、分析
  • アンケートや各種企画・購読申込などで必要な確認やお知らせ
  • その他なんらかの理由で利用者と接触をする必要が生じた場合

3.使用制限
利用者より提供のあった個人情報は、上記2.の範囲内で利用します。
個人情報を利用者の同意なくこれ以外の目的で利用することはありません。

4.第三者への開示・提供について
利用者より提供のあった個人情報は、次のいずれかに該当する場合を除き、いかなる第三者にも開示・提供しません。

  • 利用者から同意のあった場合
  • 利用者個人が識別できない状態(開示の相手方が他の情報と容易に照合することができ、これにより利用者個人を識別できる場合を除く。)で開示する場合
  • 法令に基づく開示要請があった場合
  • 利用者本人による不正アクセス、脅迫等の違反または利用規約違反の行為があった場合
  • 利用者が第三者に不利益を及ぼすと自由民主党本部が判断した場合
  • 利用者または公共の利益のために必要であると考えられる場合

5.安全確保の措置について
個人情報の保護に関し、個人情報保護のための体制の整備・改善、従業者に対する教育・啓発活動、情報セキュリティ施策等によって、個人情報の安全 管理措置を講じ、その漏えい等の防止に努めます。また、保有を継続しない個人情報は、適切な方法で確実に廃棄または消去します。

6.クッキー(Cookie)等について
自由民主党本部のホームページでは、クッキー情報を取得し、WEBサイトの利用状況に関する統計分析や広告掲載等に利用する場合があります。これは利用者により良い情報やサービスをご提供していくことを目的とし、利用者個人を特定する情報の収集はいたしません。
クッキーとは、利用者がWEBサイトを訪れた際に利用者のコンピューター内に記録される小さなテキストファイルのことで、それによりコンピューターを識別することができます。
クッキーは利用者のブラウザの設定により機能を無効にすることができますが、その場合に自由民主党本部からのサービスが一部受けられなくなる場合がありますので、ご了承ください。
なお、広告の配信を委託する第三者を経由して、クッキー情報を保存し、参照する場合があります。

7.リンク先における個人情報の取扱いについて
自由民主党本部のホームページとリンクをしている各都道府県連や議員の個人サイト、支援機関のサイト、その他第三者のリンク先のサイトで行われている個人情報の提供や収集などの取扱いに関しては、自由民主党本部は責任を負いません。

8.プライバシーポリシーの変更および告知について
プライバシーポリシーの内容は、必要に応じて変更することがありますが、その都度利用者に個別の連絡はいたしません。ご利用の際にはホームページの最新の内容をご参照ください。

9.お問い合わせについて
個人情報に関して、照会、訂正、変更、利用停止を希望する場合は、下記のお問い合わせ窓口までご連絡下さい。 個人情報漏洩防止の観点から、当該ご請求が利用者ご本人によるものであることが確認できた場合に限り、必要な調査を行い、その結果に基づき、一定の期間内に、利用者の個人情報を開示、訂正、変更、利用停止します。

著作権について

当ホームページに収録されているコンテンツの著作権は、自由民主党(以下自民党)に帰属しています。
但し、外部委託先の制作による一部の著作物については、自民党以外に著作者が存在する場合があります。
このような著作物の著作権は原則として各著作者に帰属します。
皆さま各個人で利用するため、当ウェブサイトをダウンロードしたり、個人のパソコンにデータを保存、またはプリントアウトすることは構いませんが、これを他のウェブサイトや印刷媒体に転載したりすることはできません。その他著作権法で認められている範囲を超えて、当ホームページに収録されているコンテンツを著作権者に無断で使用することはできません。

ご利用環境について

当ホームページは、以下の環境でご利用いただくことを推奨いたします。
これら以外の 環境でもご覧いただけますが、一部の機能がご利用いただけない場合がありますのでご了承ください。

  • Windows 版
  • Internet Explorer 11
  • Microsoft Edge(最新版)
  • Mozilla Firefox(最新版)
  • Google Chrome(最新版)
  • Mac OS X 版
  • Safari (最新版)

また、当ホームページではJavaScriptを使用しているページがあります。設定が無効でもご利用に問題は生じませんが、有効にして頂けるとより使いやすくなります。

Cookie(クッキー)について

自民党は、皆さまにとって便利な機能を提供したり、閲覧状況の統計的な情報収集を行っております。
これは、より使いやすいウェブサイトを実現することを目的としてCookie(クッキー)という技術を利用しております。
なお、Cookie(クッキー)に保存されている情報のみでは、個人を特定することはできません。
ご自身でブラウザの設定を変更することにより、Cookie(クッキー)の受け取りを拒否したり、受け取ったときに警告を表示させることができますが、拒否された場合には、当ホームページの一部サービスがご利用できなくなることがありますので予めご了承ください。

リンクについて

当ホームページへのリンクは、原則として自由です。リンクの際のご連絡は不要です。
但し、当ホームページの内容やリンクの方法によっては、リンクを解消していただく場合があります。
リンクの際のURLは、「https://jimin2019.com」でお願いします。

免責

自民党は、当ホームページに関し、如何なる保証をするものではなく、その内容に誤りがあった場合、またはこの当ホームページのご利用に際して生じたお客様と第三者との間のトラブルについては、一切責任を負いかねます。
また、当ホームページのご利用に起因するソフトウェア、ハードウェア上の事故その他の損害についても、一切責任を負いかねます。
なお、当ホームページに掲載されている情報、ファイル名等は、予告なく変更されることがありますので、予めご了承ください。

  • ホームページに関するお問い合わせ
  • 「#自民党2019」プロジェクト事務局
  • TEL 080-7243-6155 Mail contact@jimin2019.com